サイトマップ

帰国生入試

海外帰国生徒入学者選抜について  2020年6月1日更新しました。


*令和2年度帰国生9月入学生入試・帰国生対象転編入 <新規情報、下一覧表参照>


     
6月1日(月)より資格確認のうえ、願書をお渡しします。

  必ず事前にお問い合わせください。

 

*本校の帰国生入試についてのお問い合わせは、

  国際教育部 (Department of International Education)

   ml-mita-kikoku★section.metro.tokyo.jp

   までお願いします。(迷惑メール対策で@を★にしております。)
   (You can contact us in English via this address. Replace with @.)

※授業などの関係でお電話はつながりにくい場合がございます。
 お問い合わせはできるだけメールにてお願いします。

個別学校見学(相談)や相談会・資格確認時の際に、帰国生相談票をご記入いただいております。
事前にプリントアウトしお持ちいただいても結構です。


令和2年度(2020年)4月入学帰国生入試スケジュール(参考)

令和元年(2019年)11月15日(金)願書・募集要項 経営企画室窓口にて配布開始

令和元年(2019年)11月16日(土)学校説明会終了後、帰国生資格確認実施

令和元年(2019年)12月14日(土)学校説明会終了後、帰国生資格確認実施

令和2年(2020年) 1月11日(土) 帰国生資格確認実施
               *1月13日(月)以降の資格確認は個別での対応。
                申し込みはメールにて。

令和2年(2020年)2月5日(水)  出願手続 9:00~15:00   応接室にて(正面玄関入って右手)
         2月6日(木) 出願手続 9:00~12:00   経営企画室窓口にて        
               *学力検査の出願と同日。
                併願の場合は両方の受付が必要。(出願書類も別)

令和2年(2020年) 2月14日(金) 学力検査実施  2月18日(火)9:00  合格発表

<資格確認について>
 *初めて来校される方は、下の<資格確認で必要な書類>
  よくお読みのうえご用意ください。
  (帰国生相談票をまだご記入でない方はご用意ください。)
 *前もってPDFファイル等で確認書類をお送りいただくと確認がスムーズに行えます。
  ご協力をお願いします。

<資格確認で必要な書類>
※海外滞在の年数にかかわらず海外最終滞在2年分の成績を確認します。
 (成績証明書、日本人学校の場合は通知表のコピー可)
※在留証明書
 (自営業等の場合は事前にメールにてご相談をお願いします。)

参考:在留証明書 記入上の注意事項

参考:令和2年度9月入学募集要項(新規)

   令和2年度2学期帰国生転編入募集要項(新規)

   令和元年度3学期帰国生転編入募集要項

   令和2年度帰国生4月入学募集要項

   令和2年度1学期帰国生転編入募集要項

参考:出願書類見本

   30年度4月入試問題(pdfファイル)
   ・国語(著作権の関係で問題文は掲載されていません)

   数学
   ・英語


   31年度4月入試問題(pdfファイル)
   ・国語(著作権の関係で問題文は掲載されていません)
   数学
   ・英語
 
 
平成31年4月入学結果(募集18名)
 
  応募 受検 合格
14 12 6
14 14 12
28 26 18
 
 
令和元年9月入学結果 (募集2名)
 
  応募 受検 合格
0 0 0
1 1 1
1 1 1
 

令和2年4月入学結果(募集18名)
 
  応募 受検 合格
10 8 8
14 11 11
24 19 19


入学した帰国生の声 
 
*入学選抜予定
 
  時期 第一学年 第二学年 第三学年
令和2年度
第1学期転編入

 

令和2(2020)年

3月2日願書配布

3月16,17日 出願


3月18日(水)
検査

終了

 

 なし  なし  募集:  2名

 検査:国、数、英
 及び面接(本人のみ)

(新規)
令和2年度
9月入学

 

令和2(2020)年

6月1日願書配布

7月1,2日 出願


7月8日(水) 検査

募集:2名

検査:日本語または
英語の作文
及び面接(本人のみ)
なし なし

(新規)
令和2年度
第2学期転編入


 

令和2(2020)年

6月1日願書配布

7月1,2日 出願


7月8日(水) 検査

 

なし



なし

 
募集:  2名

検査:国、数、英
及び面接(本人のみ)
令和元年度
第3学期転編入

令和元(2019)年

11月20日願書
配布

12月3,4日 出願


12月5日(木)
検査

終了

なし 募集:2名 なし
令和2年度
4月入学

11月15日願書配布開始


1月に資格確認実施、個別対応可



令和2(2020)年

2月14日(金)

検査実施


2月18日(火)

合格発表

終了


 

募集:(18)名

資格:
◇平成17(2005)年 4月1日以前生まれ
◇令和2年3月末までに日本の中学校を卒業、又は外国の学校で9年生修了
◇海外在住期間と帰国後年数:
(1)2年以上3年未満、帰国後原則として1年以内
(2)3年以上4年未満、帰国後原則として2年以内
(3)4年以上、帰国後原則として3年以内
検査:国、数、英、面接(本人のみ)

[すべての入学選抜における共通資格]入学・転編入問わず

◇年齢がその学年の年齢(以上)の者
◇海外在住期間は最終滞在時のみカウント
◇保護者の仕事の都合で海外に在住している/していた者
◇入学後、都内に保護者(父又は母いずれか一方でもよい)と同居、又は1年以内に保護者が帰国して同居することが確実な者(この場合は、都内在住の身元引受人が必要)
◇日本国籍を有する者


[願書提出の際の必要書類]

時期と種類によって違いますが、すべての入学選抜における共通の書類として「海外在留証明書」があります。

ダウンロードしてお使い下さい。

 
[帰国生入試 よくある質問]
1.Q 海外在留証明書は決まった書式がありますか?
A 会社独自のフォームで構いません。 ただし、志願者と保護者の滞在期間を併記してください。会社の人事部長または総務部長等の公印またはサインをお願いします。願書とともにお渡しする書類の中に、海外在留証明書が入っていますが、これをお使いいただいても構いません。また、この書類はHPよりダウンロードできます。
 
2.Q 自営の場合、海外在留証明書はどうしますか?
A 現地での納税証明書または日本大使館や領事館に出した在留届で代えることができます。親子がいっしょに住んでいたことを証明するものも必要となりますので国際教育部までお問い合わせください。
 
3.Q 一時帰国はどう扱ったらよいですか?
A 現地の学校の休暇中に短期間帰国する場合は、在留期間に含めてください。 日本の学校に在籍したような場合はそこで在留期間が切れてしまうことになる場合があります。国際教育部までお問い合わせください。
 
4.Q 滞在国が何箇所か変わりました。在留期間が通算できますか。
A 国が変わる際、日本に帰国していなければ、通算できます。また手続き上必要で
  一時帰国した場合などはお問い合わせください。
 
5.Q 保護者の勤務がいつまでになるか未定です。在留証明書にはどのように書けばよいでしょうか?
A 滞在期間の「~まで」のところに、○○年○○月○○日まで(予定)のようにお書きください。
 
6.Q 父親が現地に残って志願者本人は母親と共に帰国します。この場合保護者は母親で良いでしょうか?
A はい、お母様が一緒に帰れば身元引受人承諾書もいりません。
 
7.Q 受験当日まだ本帰国していません。願書の住所は海外のままでいいでしょうか。
A はい、海外の住所でお願いします。この場合、「帰国に関する申立書」もお出しください。 帰国後の住所が決まっていない場合はその欄に「都内予定」とお書きください。 帰国後住所が定まっている場合も未定の場合も、入学式までに必ず都内在住を証明する「住民票記載事項証明書」を経営企画室窓口までお持ちください。なお、「帰国に関する申立書」は願書と一緒にお渡しいたします。

8.Q. 過去問題はもらえますか。
A. 一年前に実施した分のみ著作権に配慮した形でお渡し致します。
 
9.Q. 会社から海外赴任をしている父親が先に帰り、本人は現地に残って学年を終わら  
    せてから帰国しました。この場合滞在期間のカウントはどうなりますか。 
    A. お父様の帰国をもって海外在留期間が終了したものとみなします。したがって
   在留期間や帰国後の日数なども父親の帰国日を基準にして下さい。

10.Q 帰国生入試と一般入試を両方受けることはできますか。
       A 両方に出願することは可能です。帰国生入試を三田高校出願し、一般入試も三田
     に出願しても構いませんし、一般入試を他の学校に出願することもできます。ただ
   し帰国生入試に合格した場合一般入試は受験できなくなりますのでご注意ください。

11.Q 願書の取り下げ、再提出はできますか。
A はい、ほかの都立高校の取り下げ、再提出と同じ日に行うことができます。ただし、帰国生受入れ4校の間で再提出することになります。


 

〒108-0073 港区三田1-4-46
電話 : 03-3453-1991 ファクシミリ : 03-3453-2899